ESP32にType-Cモデルが登場‼ 使ってみた感想‼

最終更新日

Comments: 0

こんにちは‼

今回はType-CモデルのESP32が出回り始めたので、早速使いやすさをレビューしたいと思います‼

 

まずどこで手に入るか、

2023年1月時点で、私が知る限りではAliexpressと電子工作ステーションのみです‼

但し、Aliexpressでは技適番号が違う物が出回っているのでお勧めしません。

 

今回は電子工作ステーションさんで購入した物を使って、とりあえずLチカしてみたいと思います。


①「入手」

・ESP-WROOM-32開発ボード(Type-C)

電子工作ステーション  1350円(送料無料)

 

※Type-Cおすすめケーブル↓(お持ちでない方)

・着脱式180度回転通信ケーブル

電子工作ステーシン  650円(送料無料)

 

・Type-Cコネクター(無ければ)

電子工作ステーシン  230円

 

★今回はせっかくなので実際にLチカをさせてみたいと思います❕

Pinの配置図はこちらを参考に→ 配置図

②「開発環境」

今回はArduino IDEを使って開発をしていきます。

IDEにESP32を使えるようにしなければなりません。

まだその作業をされていないかたはこちらをご参考に↓

Arduino IDEでESP-WROOM-02(ESP8266)とESP-WROOM-32を使えるようにする!(Windows10)

 

③「プログラミング」

一秒ごとにLEDを点滅させるプログラムです。

これでマイコンに書き込めれて、尚且つLEDが点滅しだせば完璧です!

 

④「感想」

特に特別な方法やファイルは必要なく、ESP32の開発環境でそのまんまマイコンに書き込むことができました!

自分はスマホがType-Cなので、併用して使うことができるので余分にケーブルを出す手間が省けてとても便利と感じました!

 

そして近々電子工作ステーションではArduinoのType-Cモデルも販売するとのことですので、オールType-Cの時代が間近になってきましたね^^

 

以上、ご閲覧ありがとうございました!


シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする