便利なマイコンESPシリーズ比較(ESP32,ESP-WROOM-02,ESP-01)

最終更新日

Comments: 0

こんにちは‼

今回は、マイコンの定番、ESPシリーズについて、性能などを比較していきたいと思います‼

ここ数年で凄い種類が増えたESPシリーズ、分かる範囲でご紹介していきますので、少しでもご参考になれば幸いです♪

 

ESPシリーズとは、ESP8266EXを内蔵したマイコンのことであり、それにどの機能をプラスしたかによって種類が変わることになります。

数あるシリーズを紹介していきたいと思います♪

「ESP-WROOM-02シリーズ」

開発会社:Espressif Systems

2015年8月5日に秋月で発売開始され、IoTが数百円で作れるようになった時代が来たと、感動しました‼笑

仕様ESP-WROOM-02ESP-WROOM-02DESP-WROOM-02U
WiFi802.11 b/g/n802.11 b/g/n
Bluetooth
SRAM80KB80KB
フラッシュ2MB(標準),4MB2MB(標準),4MB
電源電圧3.0V-3.6VDC2.7~3.6V
消費電流平均80 mA平均80 mA
動作温度-40℃~+125°C-40℃〜85℃
セキュリティWPA/WPAWPA/WPA
暗号化WEP/TKIP/AEWEP/TKIP/AE
内臓センサー
技適取得済み取得済み 未取得
モジュールサイズ(mm)
発売日(秋月電子)
2015年8月5日2018年4月24日
値段(秋月電子)320円360円

ESP-WROOM-02Dは、主に無線箇所をより安定改良したモデルです。

※秋月電子の値段は、2021年12月のものです。

番号名称働き
13V33.3V電源(VDD)
2ENチップイネーブルピン アクティブ・ハイ
3IO14GPIO14/HSPI_CLK
4IO12GPIO12/HSPI_MISO
5IO13GPIO13/HSPI_MOSI/UART0_DCTS
6IO15GPIO15/MTD0/HSPICS/UART0_RTS
7IO2GPIO2/UART1_TXD
8IO0GPIO0
9GNDGND
10IO4GPIO4
11RXDUART0_RXD/GPIO3
UARTダウンロードの際の受信ピン
12TXDUART0_TXD/GPIO1
UARTダウンロードの際の送信ピン
13GNDGND
14IO5GPIO5
15RSTリセットピン
16TOUTA/D変換器の入力ピン。電源電圧をA/D変換する場合は、このピンをフローティングにする。
17IO16GPIO16
RSTピンと接続し、ディープ・スリープモードからウェイク・アップするのにも使われる。
18GNDGND

 

「ESP-WROOM-32シリーズ」

開発会社:Espressif Systems

ESP-WROOM-02よりも、大幅にバージョンアップし、Bluetoothや、接続できるピン数が増えました‼

その他スペックも一気にバージョンアップした優れものですが、お値段やサイズも一回り大きくなっているので、用途によっては使い分けた方が良いです。

ESP-WROOM-32開発キット

 

仕様ESP-WROOM-32ESP-WROOM-32DESP-WROOM-32E
ESP-WROOM-32U
WiFi802.11 b/g/n802.11 b/g/n802.11 b/g/nIEEE 802.11b/g/n
Bluetoothv4.2v4.2 BR/EDR/BLEv4.2 BR/EDR/BLEv4.2 BR/EDR/BLE
SRAM520KB520KB520KB520KB
フラッシュ4M4MB(32Mb)
4 MB(標準), 8 MB, 16 MB
 4 MB(標準), 8 MB, 16 MB
電源電圧2.2V~3.6V2.7V~3.6V3V~3.6V3V~3.6V
消費電流平均80 mA平均80mA平均80mA平均80mA
動作温度-40℃~+85°C-40℃~+85°C-40℃~+85°C -40℃~+85°C
セキュリティWPA/WPA2/WPA2-エンタープライズ/WPSWPA/WPA2/WPA2-エンタープライズ/WPSWPA/WPA2/WPA2-エンタープライズ/WPS
暗号化AES/RSA/ECC/SHAAES/RSA/ECC/SHAAES/RSA/ECC/SHA
内臓センサーホールセンサ、温度センサホールセンサー、温度センサーホールセンサー、温度センサー
技適取得済み取得済み取得済み
モジュールサイズ(mm)18 x 25.5 x 2.818  x 25.5  x 3.118 x 25.5 x 3.118 x 19.2 x 3.2
発売日(秋月電子)2017年2月1日2018年5月21日2020年11月2日
値段(秋月電子)550円330円360円

ESP-WROOM-32Eは、ESP32 ECO V3というリビジョンのチップを搭載しており、それにより各バグが解消されているそうです。

詳しく知りたい方はこちらをご参考に⇩

ESP32-WROOM-32Eについて、従来品との違い

※秋月電子の値段は、2021年12月のもので、モジュールのみの値段です。

 

デジタル入出力ピンは22本、アナログ入力ピンは16本、アナログ出力(DAC)は2本使えます‼

各ピンの配置はこちら↓

参考

「ESP-01シリーズ」

ESP-01 は AI-Thinker 社が開発した小型の Wifi モジュールで、Espressif Systems社のESP8266 を装備した物です。

上記で紹介したESP-WROOM-02よりも小型なので、用途によってはより一層化小型化ができそうです。

 

また、ESP-01シリーズは数多くのモデルが出ており、現在はESP-14まであるそうです。

各違いは、PIN数やサイズ、内臓LEDの有無、シールドの有無などが変わってきます。

 

現時点では、秋月電子での販売は無さそうですが、Amazonなどで200円程で入手できます。

但し、技適を取得していないようなので日本では使えないようです。

 

ESP-01


シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする