MH-Z19D(二酸化炭素センサー)を使ってみた‼(ESP32編)

最終更新日

Comments: 0

こんにちは‼

 

CO2を測定するための定番センサー「MH-Z19」シリーズの最新モデルが出たので、今回はそれを使いCO2を測定してみたいと思います。

MH-Z19シリーズは、MH-Z19Aから始まり、B、Cと出て、今年2021年にMH-Z19Dという最新モデルが2021年半ばぐらいに登場しました‼

果たして性能は上がっているのか、いじってみたいと思います♪

MH-Z19D

 

使用例

・部屋のCO2濃度の測定

・ハウス植物のCO2濃度測定

①「比較」

製品モデルMH-Z19AMH-Z19BMH-Z19CMH-Z19D/MH-Z19E
対象ガスCO2CO2CO2CO2
動作電圧3.6V~5.5V4.5V~5.5V5V(+-0.1V)5V(+-0.1V)
平均電流<18mA<60mA<40mA<40mA
インターフェイスレベル3.3V (と互換性5v)3.3V (と互換性5v)3.3V (と互換性5v)3.3V (と互換性5v)
測定範囲0~5000ppm0~5000ppm400~5000ppm400~5000ppm
出力信号UART/PWMUART/PWMUART/PWMUART/PWM
予熱時間3分3分1分1分
再sponse時間t90<90秒t90<120st90<120st90<120s
動作温度0~50℃0~50℃-10~50℃-10~50℃
重量10g5g5g5g
寿命5年5年10年10年

 

見ての通り、今のところCタイプとDタイプの違いが判りません(;^ω^)

もしかしたら仕様は同じで、工場によってモデル名が変わっただけかもしれません。

※MH-Z19Eは、MH-Z19Dと使用は同じです。(工場の都合でモデル名が変わりました。)


②「部品」

・MH-Z19D (MH-Z19E)

電子工作ステーション 2450円(送料無料)(MH-Z19E)

秋月電子  2480円+送料(MH-Z19C)

※MH-Z19Eは、MH-Z19Dと使用は同じです。(工場によってモデル名が変わるそうです)

 

ESP-WROOM-32

電子工作ステーション 1100円(送料無料)(30pinモデル)

秋月電子 1230円+送料(38Pinモデル)

 

※楽天にて横幅を細くしたバージョンが登場‼

pin番を無くした代わりに細くなっているので、ブレットボードで使いやすくなりました‼

6極ブレットボードではなく定番のブレットボードで使えるようになるのでススメです⇩⇩⇩

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ESP32 ESP-32S NodeMCU開発ボード2.4GHz WiFi + Bluetoothデュアルモード【在庫品】
価格:1150円(税込、送料無料) (2021/10/8時点)

楽天で購入

 

 

・5V出力昇圧DCDCコンバーター

電子工作ステーション 250円(500円以上購入で送料無料)(pinはんだ済み)

秋月電子 300円+送料(pinはんだ未接続)

 

・通信用マイクロUSBケーブルタイプB (家に無ければ)

ESP-WROOM-32とパソコンを繋ぐためのケーブルです。

スマホ用充電専用タイプだと使えないのでご注意ください。

 

・ブレットボード(6穴版)

6穴版 EIC-3901(秋月電子:280円)

 

・ジャンパーワイヤー (オス・オス)

電子工作ステーション 1セットで100円(送料500円以上で無料)

秋月電子 60本で220円+送料

(ESP32と5V出力昇圧DCDCコンバーターを繋ぐために使用)

 

・ジャンパーワイヤー(オス・メス)

電子工作ステーション 1セット(10本)100円+送料(500円以上で無料)

秋月電子 10本330円+送料

(ESP32と5V出力昇圧DCDCコンバーターとMH-Z19Dを繋ぐために使用)

 

③「回路図」

秋月電子のDCDCコンバータをご使用の場合は、まずpinをコンバータにはんだ付けしましょう。

 

次に、センサー裏面にpin名が書いてあるのでそちらを参考に接続しましょう。

 

MH-Z19DESP32(接続pin)
Tx4(D4)
Rx5(D5)

 

MH-Z19D5V出力昇圧DCDCコンバーター(秋月電子)
V1nO (OUT)
GNDG (GND( – ))

 

5V出力昇圧DCDCコンバーター(秋月電子)ESP32(接続pin)
I (IN(ハンだの箇所が四角い方))5V( + )
G (GND( – ))GND( – )

秋月電子のDCDCコンバータの使用例。

※各部品は上記の図と形が違う場合があるので、差し間違えに注意を。

④「開発環境」

・いよいよプログラミングですが、その前にMHZ19をArduinoIDEで使えるようにするため、今回はGitHbuで公開されているライブラリ、

「MHZ19_uart.h」というものを使わせて頂きますので、ArduinoIDEにこちらのライブラリーを入れてください。

 

手順は簡単で、こちらからライブラリーをダウンロードして解凍します。

 

・解凍が終わりましたら「mhz19_uart-master」というフォルダーごと

「libraries」(C:\Users\…..\arduino\libraries)に入れるだけです。

 

後はArduinoIED起動させ、ファイルスケッチ例の中にmhz19_uartがあれば準備完了です。

⑤「プログラミング」

プログラミはMH-Z19Bなどと同じプログラムで動きました‼

MH-Z19Cタイプでも同じ回路、同じプログラムで動くと思われます。(未確認)

 

ちゃんと通電すると、まずセンサーの白い布部分がオレンジ色にゆっくり点滅します。

シリアルモニターを開き、

みたいな表示がされれば成功です‼

 

1分ほどするとco2の数値が変わり、正確な値になっていきます‼

窓前回なので空気が良いです‼

※tempは大よその気温です。

⑥「結果」

窓全開なのでとても空気が良いです‼

 

食後の臭い息をやってみた⇩

臭過ぎたのか、5000を超え測定不能状態(笑)

※実際は、臭いは関係ないと思われます。

 

こんな感じで、結果がすぐ出ると楽しいですね♪

 

数値の基準は、こちらの票をご参考に⇩

CO2濃度の大まかの基準です。

350~500ppm外気
500~1000ppm一般的な屋内
1000~2000ppm
悪い室内空気環境
2000~2500ppm
眠気を感じてくる人が出てくる
2500~3000ppm
肩こりや頭痛を感じてくる人が出てくる
3000ppm~
集中力などが低下してくる

ちなみに、日本での二酸化炭素濃度の基準値は建築物衛生法によって、

居室内は1,000ppm以下、幼稚園、保育園、学校は1,500ppm以下と定められています。

 

是非、これでより良い環境を作り、人生エンジョイしていきましょう♪

以上、ご閲覧ありがとうございました♪


シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする