shiftOut関数を使ってLEDを大量制御!ESP-WROOM-32-・シフトレジスタ(SN74HC595N)使用

最終更新日

Comments: 2

こんばんわ!

今回は以前にご紹介した「少ないPINでLED大量制御!」とは違うやり方で、

LEDを大量制御できる方法をご紹介したいと思います!

 

どうやるのかといいますと、「shiftOut関数」という関数を使うと簡単に光らせたいLEDのヵ所を

光らせれるようになるので!

※配線や使う部品などは前回と同じです^^

 

※今回もESP-WROOM-32-を使用して説明したいきますが、

ArduinoやESP-WROOM-02-でもほとんど同じように使えます!

 

※事情によりLEDは9個で試します。

 

ということで早速作っていきたいと思います!

 


①「使う部品・配線の仕方」

・こちらは前回と同様なのでそちらをご参考に⇩

少ないPINでLED大量制御! シフトレジスタ(SN74HC595),ESP-WROOM-02,32,Arduino

③「プログラミング」

・今回はLED9個で試しています!

群数目のLEDと奇数目のLEDが交互に光れば成功です!

 

完成するとこんな感じです↓

このやり方なら簡単に光らせたいところを光らせられるようになります!


※参考サイト⇩

秋月電子通商の8ビットシフトレジスタSN74HC595Nを二つ連結してArduinoで16個のLEDを光らせる

 

以上、細かい仕組みや説明は省いていますのでそういうことも知りたい方は是非ググってみてください^^



シェアする

2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする