ブザーで音楽を鳴らす(Arduino編)

最終更新日

Comments: 0

こんにちは!

今回は圧電ブザーを使い、音楽を鳴らしてみたいと思います!

結構簡単なので、是非、遊び感覚で作って頂けたらと思います^^

①「部品」

・ブザー(ピエゾブザーやスピーカーなど)

秋月電子 30円~+送料

※⇩のようなセンサーセットを買っておくと便利です。(今回使用しているブザーもこのなかにあるもので、モジュール化されているのでマイコンに繋ぎやすいです。)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

37個 センサー セット 電子工作 電子部品 キット Arduino, Raspberry Pi 【在庫品】
価格:2800円(税込、送料無料) (2021/9/3時点)

楽天で購入

 

 

・Arduino UNO

電子工作ステーション 1200円(送料無料)(USBケーブル付属なし)

秋月電子 2000円前後+送料(USBケーブル付属あり)

※UNO以外の物でも大丈夫です。

 

・通信対応USBケーブル(無ければ)

電子工作ステーション 50円+送料(500円以上で無料)

ArduinoとPCを繋ぐためのUSBケーブル。
※付属ありの場合や、既にお持ちの方は購入不要です。

・その他

スピーカーをArduinoに繋ぐための線。

(モジュール化されているスピーカーはジャンパーワイヤー(メス・メス)のみで繋げられます。

されてないスピーカーはArduinoに差せるようピンをはんだ付けするか、ミノムシなどでジャンパーワイヤー(オスオス)と結びつけるかです。)


②「配線」

ブザー(ピエゾブザーやスピーカーなど)Arduino
- (GND)-(GND)
S (もしくは赤線、または+極)13

③「プログラミング」

音は周波数で決まり、トーン関数を使用します。

トーン関数→tone()

参考

 

まずは低いドレミファソラシを流してみましょう!

上手くいけば低いドレミファソラシがスピーカーから聞こえてきます♪

 

次は音楽にしてみましょう!

上手くいけば、あの有名なディズニーの曲が流れるはずです♪

③「仕組み」

圧電ブザーは電圧でブザーを振動させて音を出します。

1秒間にたくさん振動させると、音は高くなります。逆に回数を低くすると、音は低くなります。

つまり1秒間に262回振動させると「ド」の音になるそうです!

この1秒間に繰り返す波の数を「周波数」と言います。

 

プログラムのコードで言うと、

131、147、165、が周波数の指定に値します^^

 

以上、ご閲覧ありがとうございました♪

是非、いろんなBGMを作ってみてください^^


シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする