LEDマトリクスゲームキットを作ってみた‼

最終更新日

Comments: 0

こんにちは!

 

本日は電子工作ステーションさんから、LEDマトリクスゲームキットを作ってほしいとご依頼を受けましたので、

作ってみたいと思います‼

 

物はこちらで購入できます↓

LEDマトリクスゲームボードキット

(2500円、送料無料です‼)

※はんだ付けが必要です。

 

クーポンも頂いているのでよかったらお使いください↓

50円引きクーポン → 230301

※900円以上のご購入が対象。(何度でも使えます)

 

300円引きクーポン → S04155

※5000円以上のご購入が対象。(一人1回)

 

・LEDマトリクスゲームボードキットとは

ゲームと付いているだけでなんだかわくわくしてしまします‼

こういうのって一つ、しょんもないゲームができるだけのイメージかもしれませんが、

実際に作ってやってみたところ、4種類もゲームが内蔵しており、そのうちの一つが誰もが知っているであろうゲーム、テトリスでした!

 

作って遊べて、子供も喜んでくれるであろう素晴らしいキットです‼

これは是非、おすすめしたいです‼

 

それでは早速作り方に張りたいと思います。


①「内容物確認」

品名個数
PCBボード1
ドットマトリクス (8×8ドット) (赤色)2
7セグメントLED表示器(赤3文字)1
IC(STC15F2K60S2)1
ICソケット(40pin)1
電解コンデンサ(10μF25V)1
セラミックコンデンサ(104)1
トランジスタ(S8550)1
抵抗(1KΩ)1
セルフロックスイッチ1
12mm×12mmスイッチ5
セルフロックスイッチ用キャップ1
12mm×12mmスイッチ用キャップ5
ブザー1
USBコネクタ1
USBケーブル1

※足が曲がっている部品があるかもしれませんが、基本指で整えればOKです‼

②「組み立て」

まず背の低い部品からPCBボードにはんだ付けしていきます。

今回の場合は抵抗やコンデンサからやると良いでしょう。

 

・電解コンデンサは極性があるので、向きに注意しましょう。

PCBボードには白く塗りつぶされている方がマイナス極(足が短い方)となります。

電解コンデンサはICの下に入るので、少し倒せるように足は余分に出しておきましょう。

(電解コンデンサを倒せるようにはんだ付けをしないと、ICが刺せなくなります。)

 

・ICソケットの向きは窪みが印です。PCBボードの窪み印にICソケットとの窪みを合わせます。

最後にICも、窪みを印に差します。

※ICは刺しづらいので、足を予めソケットに入るよう整えて上手く刺しましょう。


 

・ドットマトリクス (8×8ドット)の向きには注意してください。

数字が書いてある方をスイッチ側にして差します。

 

完成するとこうなります↓

※画像は電子工作ステーションさんのを引用。

※今回の物は赤いボタンではなく黄色いボタンになります。

③「起動‼」

それでは、いざ、起動🔥

 

セルフロックスイッチが電源ボタンとなります。

1回押すとオン、もう一回押すとオフになります。

 

起動するとまず、奇妙なレトロ音と共にマトリクスLEDが順番に光ります。

1~4までがゲームで、5は明るさ調整、6は音のオン/オフを設定できます。

(音はうるさいのでOFFにしておくことをお勧めします。)

 

あとはボタンの配置で、何となく操作は分かると思いますので、あとはお楽しみください♪

 

ちなみに1はテトリス、2はスネークゲーム、3はレーシング、4…はお楽しみで^^

これは子供も楽しめて良いキットだと思います‼

 

以上、ご閲覧ありがとうございました^^


シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントする