曲げセンサーで曲がり具合をLEDで可視化‼(Arduino編)

最終更新日

Comments: 0

あんまメジャーじゃないけど面白いセンサーがあります‼

 

それは曲げセンサーです‼

今回はそんな曲げセンサーを使って面白いものを作ってみたいと思います‼

結構簡単なので是非、試してみてください^^

 

①「部品準備」

・曲げセンサー

電子工作ステーション 700円(送料無料)

 

・Arduino UNO

電子工作ステーション 1200円(送料無料)(USBケーブル付属なし)

※UNO以外の物でも大丈夫です。

 

・通信対応USBケーブル(無ければ)

電子工作ステーション 70円+送料(200円以上で無料)

ArduinoとPCを繋ぐためのUSBケーブル。
※既にお持ちの方は購入不要です。
・ジャンパーワイヤー(オス・オス)(4本)

電子工作ステーション

 

・ブレットボード170穴

電子工作ステーション

 

・抵抗10KΩ

電子工作ステーション 3円+送料(200円以上で無料)

 

・LED(なんでも可)

電子工作ステーション


 

②「配線」

今回配線図は以前に公開した圧力センサーの記事と全く同じなので使いまわしします(;^ω^)

圧力センサーの部分を曲げセンサーに変えればOKです‼

 

曲げセンサーは極性が無いので向きは気にしなくてOKです。

ブレットボード130穴使用

 

③「プログラミング」

ライブラリーは特に必要なく取得できます。

数値が1000未満になるとLEDが光るプログラミです。


④「結果」

圧力センサーと原理は同じなので、全く同じ回路、同じプログラムで動きました‼

 

曲げると数値が小さくなり、LEDが光ます‼

シリアルモニターで見るとより数値の動きが分かりやすくなります‼

 

また、曲げなくても指でつぶしたりしても反応しました‼

 

是非、機会があれば試してみてみてください^^

 

圧力センサーで試されたい方はこちらをご参考に⇩

Arduinoで圧力センサーを試す‼

以上、ご閲覧誠にありがとうございました。


シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする