マイクセンサーを使ってArduinodeで音を検知!

最終更新日

Comments: 0

本日はマイクを使って音を検知したいと思います!

 

初心者でも簡単に使いこなせるよう、マイクは部品から組み立てるのではなく、モジュールになっている物を使います!

そのためはんだごては使わず、ブレッドボードだけで完結しますので、是非、お試しください^^


①「部品」

・マイクセンサモジュール

電子工作ステーション 130円+送料(500円以上で送料無料)

楽天⇩

 

・Arduino UNO

電子工作ステーション 1200円(送料無料)

秋月電子 2000円前後+送料

※UNO以外の物でも大丈夫です。

 

・LED(なんでも可)

電子工作ステーション 500円以上で送料無料

(音取得時に反応を可視化する為に使用、シリアルモニターだけで確認する場合は無くても可)

 

・抵抗(100Ω)(LEDを使う場合のみ必要)

電子工作ステーショ 1本3円+送料(500円以上で無料)

秋月電子 100本100円+送料

 

・ジャンパーワイヤー(オス・オス)

電子工作ステーション 1セット(10本)100円+送料(500円以上で無料)

秋月電子 18本180円+送料

(ArduinoとLEDを繋ぐのに使用)

 

・ジャンパーワイヤー(オス・メス)

電子工作ステーション 1セット(10本)100円+送料(500円以上で無料)

秋月電子 10本220円+送料

(Arduinoとマイクを繋ぐために使用)

 

・ブレットボード(どんな形状でもOK)

電子工作ステーション 250円+送料(500円以上で無料)(400穴)

秋月電子 270円+送料(400穴)

秋月電子 130円+送料(130穴)


②「配線」

マイクモジュールArduinoLED
A0A0
GGNDカソード(-)
5V
D07
8アノード(+)

※LEDにはカソードorアノードのどちらかに抵抗100Ωを付けておくと安心です。

 

③「プログラミング」

 

④「結果」

まず電源を入れるとL1、L2両方ともLEDが発光しました。

マイクモジュールについてる摘み(3296)を反時計回りに10回ほど回したら、L2のみが消灯、

マイクの傍で声を出すとシリアルモニターの数値が変化しマイクモジュールのL2も光ったりしました!

 

※モノによってはデフォルト値が若干違うかもしれないので、上手くいかない場合はそれ以上に回してみてください。

今後はこれを応用し、声を録音とかできたら面白いですね!

難易度はかなり上がりますが(;^ω^)

以上、ご閲覧ありがとうございました!


シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする