GY-NEO6MV2(GPSセンサー)が上手く動作しない場合の対処法一覧

最終更新日

Comments: 0

こんにちは!

 

今回は、安価で大人気のGPSセンサー、GY-NEO6MV2が上手く動作しない場合の対処法をお教えしたいと思います‼

 

安価なGPSだけあって、不良品もやや多いのが現実なので、Amazonなどご購入される場合は要注意です‼

今回は、電子工作ステーションさんから不具合情報などを共有していただき、実際の事例をご紹介をしていきたいと思います。

 

ちなみに電子工作ステーションさんで販売されている「GY-NEO6MV2」も前までは結構輸入時に不良品があり、大変とのことでした。

しかし2024年5月頃から輸入先を変え、より品質の良いGY-NEO6MV2を入荷できるようになったそうなので、今は滅多に外れは無いとのことです。

 

それでは本題に入っていきたいと思います。

 

※GPSセンサーの接続の仕方やプログラムはこちらでご紹介しています↓↓↓

GPS受信モジュールで現在地を受信してみる(GY-NEO6MV2)

①配線が違う

よくあるのが配線の間違えで、TXとRXを逆につけている、もしくはケーブル不良なんてことが良くあります。

その場合はシリアルモニターに下記の様に表示されます。

 

②電波が拾えていない

このっ場合は「No GPS …」とは表示されず、

LatiやDateやTimeといった文字が表示されます。

30分程待っても数値が表示されなければ場所を変えてみましょう。


③チップが雑に付けられていて接触不良を起こしている

Amazonなど安いところで買うと、チップの取り付け位置が半コンマズレている場合があります。

それが原因で接触不良を起こし、動作不良の原因に繋がっています。

この場合は購入元に初期不良対応してもらいましょう。

 

④なぜか動作しない番号がある?

これがは電子工作ステーションさんから聞いた情報なのですが、下記の画像の番号は「25」と書いてあるモデルは、

何故か動作しないとのことです。(原因不明)

この場合も購入元に初期不良対応してもらいましょう。

(電子工作ステーションでは2024年5月15日以降からは「25」の物は売ってないそうです。

万が一それよりも前に購入した物で、「25」モデルがあった場合は期限なく新品交換の対応をしてくれるそうなので、その場合はお問い合わせしてみましょう!)

 

以上、ご閲覧ありがとうございました‼


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントする